外国人実習生受入事業・ETCカード事業・共同購買事業など、協同組合としてあなたのビジネスを支援いたします。  
サイト内検索
Loading

外国人技能実習生受入制度

研修制度について
制度概要
日本経済が先進国の中において確固たる地位を築いた大きな理由は企業が「技術・技能・知識」を蓄積し様々なスキ ルアップの為の企業内研修の実施や作業現場における「OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)」を行ってきた成果であ ると言えます。この様な状況下において、我が国が求められている国際貢献としては、開発途上国などに対しての技 術支援や技能開発、また様々な知識の伝達を行う「人材育成」であります。その理念を達成する為に創設されました のが「外国人技能実習生受入制度」であり産業版「国際協力事業」として位置づけられております。
制度の意義
1990年に制度改正を行い、送り出し各国のニーズにあった汎用性の高い技術・技能の移転がスムーズに行える様 になり、1993年に研修要件を充足した研修生に雇用関係の下で更に実践的な技術修得の機会を与えるようになり 「開発途上国への人材育成協力体制」が本格的にスタート致しました。 この主旨に賛同して頂ける日本の各企業が諸外国からの技能実習生を受入れ、職場で作業を行いながらの研修( OJT)を通じて日本の優れた技術・技能を開発途上国の若い研修生に移転することにより帰国後、母国の産業振興に 寄与できる優秀な人材の育成を目的としております。
2010年7月1日から研修・実習制度改正の趣旨
技能実習制度は、我が国で開発され培われた技能・技術・知識の開発途上国等への移転等を目的として創設されたも のですが、研修生・技能実習生を受け入れている機関の一部には、本来の目的を十分に理解せず実質的に低賃金労 働者として扱う等の問題が生じており、早急な対応が求められていました。 新しい技能実習制度では、技能実習生の法的保護及びその法的地位の安定化を図るための様々な措置が講じられ ています。
受入れ企業側のメリット
制度概要
職場に若い外国人技能実習生を受入れる事により、従業員の仕事に対する意識が高まり、作業効率や生産性が上が ります。 真面目で熱意ある技能実習生に教育することにより、職場の規律も向上します。
制度の意義
異文化交流を経験することにより社内の国際化が進み、将来的に海外取引の拡大や、海外拠点を作る場合や現地企 業との合併、会社設立などに効果を発揮します。 国際的な企業として業界内及び地域会社においてイメージアップが図れます。 
2010年7月1日から研修・実習制度改正の趣旨
安定した技術レベルを持つ技能実習生を長期的に確保する事で、継続した力リキュラムを実行することが出来ます。 受入れ希望人数に対して3倍以上の応募数がありますので、優秀な人材を選抜する事が可能です。