外国人実習生受入事業・ETCカード事業・共同購買事業など、協同組合としてあなたのビジネスを支援いたします。  
サイト内検索
Loading

外国人技能実習生受入制度

実習生の受入方法
年間(常勤職員数×5%以内)=実習生受入可能数枠
図解1
技能実習生の用件
  • 1. 18歳以上35歳未満までで技能実習対象となる職種で現に働いている
  • 2. 技能実習期間終了後、母国にて復職保証されていること
  • 3. 技能実習制度の意義を理解し、技能実習意欲の高いこと
  • 4. 入国前に日本語教育を充分(160h以上)実施していること
  • 5. 中学校またはそれ以上の学校を卒業していること
  • 6. 健康で、治療の必要な持病(歯科治療等)を有していないこと
写真1
受入れ企業の用件
  • 1. 実習の内容が同一の単純作業・反復作業ではないこと
  • 2. 技能実習生の宿舎(1人当たり三畳目安)を確保する事とし、冷暖房器具・寝具・シャワー設備及び自炊設備等があること
  • 3. 技能実習指導員(5年以上の経験がある常用従業員)を置くこと
  • 4. 生活指導員を置くこと
  • 5. 外国人技能実習生受け入れ制度を遵守すること
写真2