実習生受け入れ

入国までの流れ

技能実習の流れ

入国前後スケジュール

ヒアリング

  • 当組合職員が訪問し、企業様が初めて【外国人技能実習生】を受入れるにあたり、外国人技能実習制度のご説明や、事業内容・受入れに際しての希望についてヒアリングをさせて頂きます。実習生を受け入れることができる業種・職種・受入れ可能人数には制限があります。
  • メリットやデメリットも含め、些細な疑問にも出来る限りお答えいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お申込み

  • 業種・職種・受け入れ人数が確定しましたら、当組合にご加入のお申込みとなります。

技能実習生の募集

  • 現地の送出し機関へ求人募集の依頼をかけます。
  • 現地面接実施に向けて書類選考などを行い、ニーズに適した人材を選抜致します。

現地面接

  • 企業様自身で、技能実習生候補者と直接対面し、ご納得いただいた上で人材を確定して頂きます。
  • 現地面接までの段取りや準備は、当組合と現地送り出し機関が全面的にバックアップ致します。
  • 希望の人材を採用し、実習生と受入れ契約を締結して頂きます。

入国準備

  • 現地面接にて採用後、技能実習生の入国までには、さまざまな申請書類の提出のため、配属までに、数ヶ月の期間が必要となります。企業様自身が作成しなければならない事、書類の準備にご協力いただかなければならないこともございます。
  • 配属日に間に合わせるために当組合がサポート致します。

現地講習

  • 一方、技能実習生は採用後、すぐに現地にて講習を開始します。当組合と企業様で、入国準備の書類を作成している間、技能実習生は現地の学校に入学し、日本についての勉強をします。(1ヶ月以上かつ160時間以上の講習が必要)
  • 単に日本語だけでなく、近所へのあいさつやゴミの分別など、日本社会の生活習慣や文化についての基礎知識も指導致します。ここでの日本についての教育が、技能実習の第一歩となりますので、皆、真剣に学んでいます。

入国

  • 現地での日本についての学習を終え、ついに技能実習生が日本に入国します。当組合が空港まで出迎えをし、集合講習期間中に滞在する寮まで案内致します。

入国後講習

  • 入国後、技能実習生は自社、研修施設にて、より具体的に、実習現場で必要となるコミュニケーションや実習内容について集中的に約1ヶ月間の講習を受けます。日本の環境で生活しながら、語学や生活習慣を改めて学び、更には消防署や警察署と協力し、火災訓練や交通ルールの講習を行います。
  • この1ヶ月間で技能実習生は、これから日本で暮らしていく中で色々なトラブルに巻き込まれないように様々な知識を学びます。

配属

  • 実習先に配属し、実習が開始致します。
  • 当組合が定期的に訪問し、ご状況を伺いながら、手厚くサポートさせていただきます。

集合講習の様子

お問い合わせ

ご質問やお問い合わせは、FAQまたはお問い合わせフォームよりお願いいたします。

© 2011 - 2021 GLOBAL ASSIST COOPERATIVE SOCIETY